モイスティーヌ肌質別(混合肌の方)

Moisteane ardeur(モイスティーヌアドゥール)商品のご紹介

  • 商品一覧
  • 肌質別
  • お悩み別
  • 乾燥肌の方
  • 脂性(オイリー肌)の方
  • 混合肌の方
  • 敏感肌の肌

混合肌の方

ヴィルティオ(保湿ジェル)

ヴィルティオ(保湿ジェル)

30g ¥5,000(税抜)

冷暖房による肌の乾燥や、大気汚染、日焼け止めやメイクの顔料などの刺激から肌をやさしくしっかり守ります。べたつかず、なめらかにのびて、いつまでもしっとりと潤います。

混合肌の原因

混合肌は、普通肌と乾燥肌の混合、普通肌と脂性肌の混合、脂性肌(オイリー肌)と乾燥肌の混合など、二種類以上の肌質が混合している肌です。混合肌は、肌トラブルが起こりやすいと言われ、テカリや肌荒れ、ニキビや吹き出物ができやすいと言われています。
混合肌の原因としては、季節や環境の変化、体調の変化、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、肌に合っていない化粧品の使用、間違ったスキンケア、紫外線や過剰な日焼け、乾燥、喫煙、アルコールの摂り過ぎ、食生活の乱れ、年齢など、さまざまなものがあると言われています。
混合肌の原因として多いとされているのは、季節や環境の変化、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、肌に合っていない化粧品の使用、間違ったスキンケア、乾燥、食生活の乱れなどです。
季節や環境の変化では、季節の変わり目や生活環境の変化に肌が影響を受けて、肌が対応しきれずに混合肌となっていしまう可能性があります。
ストレスでは、ストレス状態が続くと肌にも影響して、混合肌となってしまう可能性があります。
ホルモンバランスの乱れでは、ホルモンバランスが乱れると肌の抵抗力が落ちてしまい、混合肌となってしまう可能性があります。
肌に合っていない化粧品の使用では、自分の肌に合っていない化粧品の使用を続けると、肌に与える影響が大きくなり、混合肌となってしまう可能性があります。
間違ったスキンケアでは、間違ったスキンケア方法を続けていると、肌を傷つけて、混合肌となってしまう可能性があります。
乾燥では、肌から水分が奪われ乾燥すると、皮脂が必要以上に分泌されて、混合肌となってしまう可能性があります。
食生活の乱れでは、食生活が乱れると、肌のターンオーバーのリズムも乱れ、混合肌となってしまう可能性があります。

混合肌の対策
混合肌のスキンケア方法
混合肌の人は、混合している肌質に合わせてケアすると良いと言われています。
混合肌には、普通肌と乾燥肌が混合されている状態の肌、普通肌と脂性肌が混合されている状態の肌、脂性肌(オイリー肌)と乾燥肌が混合されている状態の肌など、さまざまな場合があります。
中でも、脂性肌と乾燥肌が混合されている状態の場合が最も多いと言われています。
混合している肌質が脂性肌と乾燥肌だった場合は、脂性肌の部分には、脂性肌用のスキンケアを、乾燥肌の部分には、乾燥肌用のスキンケアをすると良いでしょう。
混合肌のスキンケア方法として、大切なのは洗顔です。洗顔する時は、洗顔料をよく泡立てて、混合している肌質に合わせて洗いわけ、ぬるま湯で十分にすすぎます。
洗顔後は、水分を清潔なタオルで押さえつけるように拭き取り、洗顔後のケアも、混合している肌質に合わせて行います。
最も多いといわれている脂性肌と乾燥肌が混合されている状態の混合肌の洗顔方法としては、最初に脂性肌の部分だけを洗った後、そのまま乾燥肌の部分だけを洗うという方法や、一回目に顔全体を洗って、すすいだ後、二回目に脂性肌の部分だけを洗うという方法、一回目に脂性の部分だけを洗って、すすいだ後、二回目は顔全体を洗うという方法などがあります。脂性肌と乾燥肌が混合されている状態の混合肌の洗顔後のケアとしては、脂性肌の部分には、化粧水で毛穴を引き締めることが大切で、乾燥肌の部分には、保湿することが大切です。
混合肌の改善方法
混合肌を改善するには、身体の内側から改善する方法と、身体の外側から改善する方法があります。
身体の内側から改善する方法としては、栄養素などをとり込むことや、食生活を改善すること、ストレスを改善することが大切です。身体の外側から改善する方法としては、スキンケアが大切で、使用する化粧品にも気をつける必要があります。
栄養素などを取り込んで身体の内側から改善する方法では、肌に良いとされているビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素をとり込むと良いと言われています。
緑黄色野菜の、かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、春菊などに多く含まれているビタミンAは、皮膚の老化を防ぐ効果があります。乳製品、うなぎ、海草、卵などに多く含まれているビタミンB2は、皮膚や髪を健康に保つ効果があります。レバー、いわし、さんま、さばなどに多く含まれているビタミンB6は、たんぱく質の代謝を良くする効果があります。 さつまいも、ジャガイモ、ピーマン、いちご、みかん、レモンなどに多く含まれているビタミンCは、コラーゲンを生成し肌に張りを持たせる効果があります。アーモンド、ピーナツ、アボカド、ニラ、モロヘイヤなどに多く含まれているビタミンEは、肌のきめを整え、血行を良くする効果があります。
食生活を改善して身体の内側から改善する方法では、食生活を見直し、バランスの良い食事を、決まった時間に3食を食べることが良いと言われています。
ストレスを改善して身体の内側から改善する方法では、ストレスを上手に発散させると良いと言われています。
スキンケアで身体の外側から改善する方法では、混合している肌質別にケアすると良く、使用する化粧品としても、混合している肌質別に選ぶと良いと言われています。
アドバイザー無料レッスンを予約する